仕事・教育体制についてAbout work and education system

職種について
ケアワーカー 介護職として、利用者様への食事や入浴、排泄といった日常生活上の介助や機能訓練、健康管理などを行います。介護技術の習得だけでなく、外部機関の方々や大勢のボランティアさんたちとの関わりを通して、当法人が担っている役割や自分の仕事への理解を深めていただくことを期待しています。
ケアマネージャー ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれます。寝たきりや認知症などで介護を必要とする人やその家族様からの依頼に応じ、彼らのニーズや環境を考慮して、どのような介護がいいのかのケアプランを作成し、その後のフォローを行います。
相談員 利用者様が快適な日常生活を送れるように、本人様やその家族様の相談に応じ、適宜生活支援を行います。また、各関係機関との連絡・調整なども行います。
栄養士 四季折々、利用者様に楽しんでいただける献立の作成や、職員の栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理などを行います。また、個々の身体や病気に合わせた食事の提供を行うため、栄養プランの作成なども行います。
事務員 事業所の運営全般に関わる業務を行います。仕事内容は、総務、経理、人事、労務、設備管理、行政に関わる手続きと多岐に渡ります。
看護師 バイタルチェックや薬の管理・配薬、経管栄養の準備と注入、褥創や皮膚トラブルの処置、利用者様の急変時の対応などがあります。特に急変時の対応は、病院と違い医師が24時間常駐しているわけではないので、状況と緊急度を自分で判断して嘱託医に連絡し、指示を仰がなくてはならないので、幅広い知識が必要な職種です。
教育体制について
職員育成担当者制度 新人職員、実習生の育成
毎月の園内研修 リスクマネジメント・救急救命・認知症・事例発表・感染症・制度他
階層別研修 ビギナー・ジュニア・シニア・ベテラン・班長・役職者・役員の7階層別研修
資格取得研修 国家資格(介護福祉士・社会福祉士)や介護支援専門員等の受験講座
その他 外部研修・研究会への参加等