03先輩の声 新卒入社Staff Interview

Misa Kitagawa北川光咲 (新卒2年目)

入所施設サービス部 介護サービス

大好きなおじいちゃんの力になりたい。I want to help favorite grandfather.

私は、生粋のおじいちゃんっ子。おじいちゃんには幼い頃からよく遊んでもらっていました。でも、私が高校生のとき、おじいちゃんが認知症を発症し、通い慣れた道もわからなくなってしまうことが。少しずつ変わっていくおじいちゃんに戸惑いを覚えました。そんなとき、進路選択の時期となり、少しでもおじいちゃんのことを知りたい、認知症のことを知って力になりたい!と思い、介護の道を選びました。

一人ひとりと向き合う介護を目指して。

現在は特別養護老人ホームで介護職として利用者様の身体介助や食事、トイレなど日常生活のサポートを行っています。入職して1年が経ち、仕事にも慣れてきましたが、だからこそ見えてきたことがあります。それは、利用者様一人ひとりの個性や癖、習慣などに合わせて、少しずつアプローチを変えること。対話を軸にして、その日、その人に合ったケアを大切にしなければならないと改めて感じるようになりました。 今よりもっと「一人ひとりと向き合った介護」を目指して日々実践し、利用者様に提供していきたいと思っています。

“お兄ちゃん”“お姉ちゃん”のような仲間たちとともに。

仕事は楽しいことばかりではなく、つらいこと、悔しいことももちろんあります。そんなとき心の支えになるのが、職場の先輩や後輩。ときには利用者様に相談に乗っていただくこともあります。ゆいの里には、どんなときも受け入れてくれる仲間がいます。壁にぶつかりながらも、皆の支えの中、成長を感じることができます。一人ひとりが目標を持って、前向きに。そんな仲間と一緒に働けていることに喜びを感じる毎日です。

そんな素敵な環境なので、「○○なスキルがないと働けない」「こういう性格じゃないと働けない」という環境ではありません。「お年寄りの方と一緒に話すのが楽しい」「喜んでもらいたい」そんな気持ちがある方なら、楽しく働ける、成長していける環境だなと思います。新しく入社される方々とも、一緒に楽しく働いていきたいですね。