01先輩の声 新卒入社Staff Interview

Masashi Morimoto森本将史 (新卒2年目)

入所施設サービス部 介護サービス

偶然と縁が引き寄せた、介護職の道。The way of the care job that chance and a relationship drew.

私は現在、特別養護老人ホームで介護職として働いています。もともとこの業界に入ったきっかけは、知り合いに介護職を勧められたことでした。私は、高校では化学を学び、大学進学後は教師を志し、教育実習にも行きました。しかし、いざ就職活動の際には「本当にやりたいことは何か」、自分の道に疑問を感じていました。そんなとき縁があって、介護職のアルバイトを始めることに。これが私の介護職の道のスタートでした。働いていくうちに、自分でも驚くほど、この仕事にのめりこんでいきました。今思えば、小さいときおばあちゃんっ子だったことが、この仕事が好きな理由の根底にあるのかもしれません。

あたたかい雰囲気の中、じっくり学ぶことができました。

アルバイトで始めた仕事も、いつしか専門スキルを磨きたい!と感じるようになりました。そこで、信頼できる方に相談したところ、ゆいの里を紹介していただいたんです。それまでは、グループホーム勤務でしたが、自立している方も多く、身体的な介助を行うことはあまりありませんでした。ここに来てから特別養護老人ホームの施設に配属され、介護のイロハをイチから学ぶことになったのです。ありがたいことに、ここの職員の皆さんは優しく、丁寧に教えていただき、自分のペースでじっくりと介護の知識をつけていくことができました。

誰かの一日、私の一日、そのどちらもかけがえのない日。

ここで働いていると、利用者様の最期のときに立ち会わせていただくこともあります。初めのうちは、ただ悲しくて、落ち込んでしまう日々もありました。しかし、あるときある方に、「最期の場面にであえたことがありがたいと思えるようになればいいんじゃない?お送りさせていただいたのが自分でよかったと思えるような後悔のない支援を続けていればきっとそう思う日が来るよ」という言葉をいただきました。 その言葉をきっかけに、考え方や一日一日の過ごし方が変わり、自分のためにも、利用者様のためにも“後悔のない支援”を日々心がけるようになりました。

仕事の中で壁にぶつかっても、ゆいの里では経験のある先輩方に気軽に相談することができます。そんな堅苦しくない環境が素敵だなと日々感じています。 悩み事があっても前向きに解決していける、挨拶のできる元気な方と働いて一緒に成長していきたいなと思っています。