地域での活動Regional activities

  • >
  • 地域での活動

サロン講師等派遣事業

地域の公民館等で行われているサロンや勉強会などに出向いて、高齢者の体操やレクレーション、健康や栄養、認知症や介護保険制度等に関するお話、介護技術や介護体験等豊富なメニューで地域の皆様の健康づくりや地域づくりのお手伝いをさせていただいています。

認知症出前講座

日頃の実践や経験をもとに、最新の情報を交えながら、地域の皆様の勉強会等に出向き、「認知症」の研修会を開いています。

周囲の方々の理解と適切な対応をすることで認知症の進行を抑えられ、いつまでも地域で暮らすことが可能です。

楽しい時間を過ごしながら、認知症の学習を進めています。

簡単料理教室

毎年3回シリーズで、地域の皆様を対象に料理教室を開いています。

「フライパンひとつでできる料理」や「シリコンスチーム鍋を使った料理」「電子レンジ圧力鍋を使った料理」「身近な食材を使った料理」「炊飯器で作るメニュー」等、『目からうろこの簡単料理教室』を開催し、好評をいただいています。

はつらつリフレッシュ講座

地域の皆様の健康づくりのお手伝いに、平成23年から介護予防教室を開いてきました。

平成28年から名称も新たにし、内容も充実リニューアルしました。毎月第二木曜日の午後2時から、脳力トレーニングとして音読をしたり、漢字や計算ドリル、図形問題に取り組みます。その後ティータイムと、百歳体操をします。皆様盛りだくさんのメニューを楽しく取り組まれ、好評をいただいています。

ほっこりカフェ

お茶を飲みながら、日頃の疲れや悩みを相談したり、仲間づくりをする場所を作っています。時には、音楽連盟に協賛してコンサートを開いたり、認知症サポーター養成講座を開いています。

また、地域のカフェにお出かけして、出張カフェも開いています。

すこやかサロン事業

地域の公民館や自治会館などで行われている「すこやかサロン」に、管理栄養士や、専属職員が出向き、参加されたお年寄りの交流の場作りや介護予防を応援しています。

管理栄養士は、季節の食材と食べやすい工夫を取り入れた献立を持参し、公民館の厨房で、地域のボランティアさんと一緒に、食事を作ります。出来上がった食事を頂きながら、楽しい時間をすごしています。また、出前講座ではケアワーカーや看護師がレクリエーションや、家でも簡単にできるリハビリテーションを紹介しています。

百歳体操

「百歳体操」は、「百歳になっても、いきいきと自分で動ける体でいる」ことを目的に作られた筋力運動です。守山市から業務委託を受け、介護予防事業の一環として、市民の皆様に知って頂くことを目的にしています。平成28年は5クール開催しています。

大切な事は、継続することですので、無理なく継続できるように、お住まいの近くの自治会館等でできるよう、支援しています。

地域包括支援センター、北公民館

守山市はこれまで直営1か所(すこやかセンター内)で業務を行ってきましたが、身近なところで相談支援ができるよう、民間委託により、順次3か所の「地域包括支援センター(圏域センター)」を設置していくことになりました。

圏域センター1か所目となる「北部地区地域包括支援センター」を当法人が受託し、10月から市立北公民館内(洲本町)に開設されます。

市の介護・福祉行政の一翼を担う公的な機関として、公正かつ中立な業務運営を行ってまいります。